top of page

アトピー性皮膚炎新たな注射剤【イブグリース】

こんにちは、スタッフのAです☺


最近は暑い日も続き、春から夏に季節が変わったような陽気ですね💦

気温も高くなり紫外線が増えることによる皮膚トラブルが起きやすくなるので

皮膚トラブル対策をとって快適にお過ごしください🎵



本日、当院ではアトピー性皮膚炎の新たな治療薬「イブグリース」の勉強会を行いました。



以前ブログでもご紹介したデュピクセントと似た立ち位置になる薬ですが、既存の治療で症状の改善が乏し方、デュピクセントで痒みや皮疹が残る方など新しい選択肢になる治療法です!


■イブグリースの特徴

イブグリースは保険適応です。デュピクセントとの違いは、子供は12歳以上から可能になります。

また、患者さまの症状が落ち着いてきたら、投与間隔が1ヶ月おきになる可能性もあります。


■イブグリースでの治療が受けられる条件

・成人:アトピー性皮膚炎の患者さま

・小児:12歳以上かつ体重40kg以上の小児アトピー性皮膚炎の患者さま

・従来の治療(※)では十分な効果が得られないアトピー性皮膚炎患者さま


■効能・効果に関連する注意

原則として、本剤投与時にはアトピー性皮膚炎の病変部位に状態に応じて抗炎症外用剤や保湿剤を併用することとされております。



■イブグリースの投与スケジュール

・初回及び2週後:1回500mgの皮下投与。

・4週以降:1回250mgを2週間隔(Q2W)での皮下投与。

・患者様の状態に応じて、4週以降は1回250mgを4週間隔での皮下投与が可能。

・ただし最初の16週間は2週間隔(Q2W)が推奨されています。

・2025年5月までは新規薬剤の為、処方は出来ません。

・状態に応じて、4週間隔での投与が可能と言うことで、治療負担の軽減など、患者様にとってメリットであると考えています。



■イブグリースの治療費

・イブグリースは保険適応しています。

・別途、初診料、再診料、処方せん料など必要となります。

・保険3割負担の方で『薬剤費』は1本あたり約18,456円です。



■イブグリースの薬剤費

薬剤の価格はイブグリース®皮下注250mgオートインジェクター、イブグリース®皮下注250mgシリンジとも1本あたり61520円です。

3割負担の方の自己負担額は、初回・2回目(2本)とも36,912円、3回目以降(1本)18,456円となります。なお3回目以降は状態に応じて2週間隔から4週間隔に変更可能です。下記に表を載せているのでご覧ください。


■自己負担額(窓口で払う金額)

・3回目以降は症状に合わせて2週間間隔で1本、または4週間間隔で1本の投与になります



※2024年4月現在のイブグリースの薬価をもとに計算しています。



少しでもアトピー性皮膚炎の方の症状の改善、QOL(生活の質)の改善のために選択肢が広がり症状の改善が期待できる新しい薬剤が登場していますね✨

当院では現在のところ、まだ導入しておりません。




閲覧数:53回

Commentaires


bottom of page